ninja beats. こういうウクレレもあるのか!


☆このランキングボタンをクリックしてください。
さらにたくさんの魅力的なウクレレ情報が取り放題です!
↓↓↓

 にほんブログ村 音楽ブログ ウクレレ・ハワイアンへにほんブログ村



これは、ビックリすると同時に少ししびれました。ジェイクに始めた出会ったときもそうですが、ウクレレって可能性が無限にあるんだなということを感じますね。

ウクレレ×ヒューマンビートボックスによる異色ユニットninja beats、期待のワンマンを明日WWWにて開催

DATE:2017.03.15 17:33 OTOTOY

SHIN(ウクレレ)とYUYA(ヒューマンビートボックス)による異色の2人組音楽ユニットninja beatsが3月16日(木) 〈Shibuya WWW〉にて期待のワンマン・ライヴを開催する。

ninja beatsは、ウクレレ原産地サイパンからの帰国子女SHINと、幼少期よりヒューマンビートボックスのパフォーマンスを行ってきたYUYAが出会い、2014年早稲田大学にて結成。「CREATING 変化(henka) & BREAKING STEREOTYPES」という標語を掲げ、楽器やパフォーマンスの固定概念を覆し、観るもの聴くものの感情や思考にポジティブな変化を生み出すことをコンセプトに活動している。loopstationやkaosspadなどのDJ機材を駆使した独創的なサウンド・パフォーマンスが特徴だ。

パフォーマンスを磨き続け、2015年には34か国5万組以上が参加する世界最大のバンドコンテスト『EMERGENZA Music Festival 2015』に出場し、見事総合優勝を飾った。さらに、2016年5月にはヨーロッパ・ツアーやパリでのツーマン・ライヴを成功させ、海外での評価を高めると在日ドイツ大使直々の指名を受けドイツのガウク大統領に演奏を披露するなど、逆輸入ユニットのような活躍を見せている。

そのninja beatsが、ユニット初の全国流通盤『”RINNE” E.P.』の発売を記念した先駆けてリリース・パーティとして、いよいよワンマン・ライヴ『”RINNE” E.P. [PRE RELEASE SHOW]』を開催する。本公演では彼らの新たな挑戦として、気鋭映像クリエイター永田諒の映像ライヴとコラボしたメディア・アート的パフォーマンスが披露される。

先日、Red Bull Studios Tokyoにて新曲のレコーディングを行うなど、様々な方面から期待されるninja beats。レーベル未契約ながら、彼らは着実に成長のステップを歩んできた。彼らの挑戦は今後あらゆる場面でフィーチャーされるにちがいない。そんな期待を込めて、3月16日(木)のワンマン・ライヴを皮切りに彼らをチェックすることをオススメする。(椿)

■ninja beats official HP
http://www.ninjabeatsofficial.com

http://getnews.jp/archives/1659798

ウクレレスタイル

コメント


認証コード5585

コメントは管理者の承認後に表示されます。